シーリングとは?

pixta_30611229_S

 

サッシや(窓に使用する金属製の窓枠)外壁の隙間などによく見られるゴム状の素材のことです。そしてそのシーリング材を壁とサッシのつなぎ目部分や外壁の隙間など、建物の隙間部分に充填していく工事が「シーリング工事」です。シーリング材は硬化することでゴム状になる性質があり、湿度・湿気の変動にも伸び縮みが可能で優秀な素材です。

シーリング工事の重要性

pixta_22969149_XL1-960x640

 

シーリングは建物の部材と部材をつなぐ継ぎ目の役割を担っています。建物はさまざまな部材から構成されているので、継ぎ目の存在は非常に重要です。継ぎ目の箇所を高度な防水性・機密性等を与えないと雨からなる漏水や、地震からなる揺れなどから建物のトラブルに直結することになり、強度にも大きく影響を与えます。ですのでシーリング工事はなくてはならない防水工事なのです。

定期的なメンテナンスを

pixta_760891_S

 

シーリングは必ず劣化します。シーリング材の耐用年数は、一般的に約10年程度であると言われています。
シーリング材が劣化しますと、ひび割れや破断が生じ、外壁からの剥離や隙間ができてしまう場合があります。
この症状が出てしまうと漏水し内部の構造体自体の劣化に繋がってしまい資産価値が落ちてしまします。そうならない為にも定期的なメンテナンスを行い建物の寿命を伸ばしていきましょう。